軽労化®技術とは

人ができることを “楽に” できるようにする技術

「軽労化技術」とは、労働の負担や疲労を軽減することで、労働による傷病リスクを下げるとともに、主体的な動きをサポートすることで、働き続けられる身体能力を維持するためのアシスト技術です。

 

 

3Sアシスト ライフイノベーションを実現する軽労化のコンセプト

疲労・労力の軽減というと、ともすれば単に楽になることだけを追求し、長期的な影響として思わぬ弊害を招いてしまう場合があります。
そこで、軽労化研究会では「3Sアシスト」という新たな概念を提唱しています。まずは安全で確実なアシストを行うこと。次に、過度なアシストによる運動能力などの低下を避け、身体機能が継続的に維持されるアシストを行うこと。そして、身体の感覚を鈍らせず、アシストされていることを必要以上に感じさせない自然なアシストを行うこと。
これらの概念をコンセプトとし軽労化社会の推進を行っています。

 

 

田中先生と行く!こんなところに軽労化!